求職者に好まれる求人広告

求人広告を出しても思うように応募が集まらないと悩む担当者は多いと思います。

このページではそういった担当者が参考にできる「求人広告の効果的な書き方」を紹介しています。

082561

●応募が集まる求人広告の書き方とは?

この会社に入ったら求職者にとってどんなメリットがあるのかを出さなければなりません。

責任ある仕事を任せてくれる/その仕事を長く続けていれば資格の習得が可能/給料がその業界の平均よりも高いなどそれぞれの項目によって書けることがたくさんあるはずです。

もちろん会社と社員の関係は両方にとって利益がある状態が望ましいので、求人側からの応募条件がいくつも設定されているのは当然です。

それでも「この会社で働くことは自分の人生にとってプラスになる」と応募者に思わせることは必要です。それを求人広告の条件面で提示できればお互いにとって利益になるはずです。

●冗長な文章は求職者に嫌われる

求人広告の文章は短くて明快になっている必要があります。

求人広告を書く時は優秀な人材に来て欲しいと思うあまりに文章が長くなってしまう、また条件をたくさん加え過ぎてしまうことがあります。

こうなるとどのような人に来て欲しいのかが求職者側に伝わりません。

一般に求職者はその求人広告に応募するかどうかを100秒以内に決めるといわれています。

その時間内に全ての文章と条件を読ませて更にその会社で働くことを想像させなければなりません。

それを考えれば募集のための文章は条件と論旨が明快な短い文章である必要があります。

原稿が出来上がってから時間を置いて文章を短くすることを心がけましょう。

●求人広告に応募が多く集まる期間とは?

求人広告に応募が集まるのは最初の2週間なのでその期間中に求職者を捉えなければなりません。

これは前項と重なりますが求職者にとって分かりやすいということが多数の応募につながります。

新しく出稿された求人広告はそのサイトにおいて最も見やすい場所に来るわけですから新着の段階が有利なわけです。

ここにランディングページをつけたり動画をつけたりいくつもの写真を掲載したりするわけですが、どの企業もまずは求職者の目を惹こうと作戦を立てているわけです。

2週間が経って必要な数の募集が集まらないのはその広告で伝えたいことが求職者に届いていないということになります。

その場合はその媒体と作戦を練り直すか、もしくは改めて求人広告代理店を利用して効果的な広告をともに作るかということになります。