WEB制作・SEO・リスティングとアプリルについて

“WEB制作とSEOとリスティングについて書いてみよう! と言うことになったのですが……お分かりのとおりわたしはこういうカテゴリーのモノに対して超初心者です。
WEB制作とSEOまではなんとなくわかるかも……でもリスティングってところから先は頭のなかに「?」が浮かんで止まりません。
しかもこれらすべては一本の線で繋がっているらしいのです。とりあえず一つずつ意味を調べていくことにしました。
まずはWEB制作についてです。
最近ではWEBという言葉をよく聞くようになりましたよね。WEBデザインやWEBライターなどなど。
WEBサイトを作ることをWEB制作と呼ぶようです。
このWEBサイトを作るとインターネットで自分の企業名・事業内容などを検索してもらえればヒットして、より多くの人に自分の会社のことを知ってもらえるようになるんですね。
たしかに「どんな会社かな?」と興味を持って検索したらWEBサイトが無い……というのはなんとなく怪しいカンジがします。
インターネットが普及してなんでも検索できる現代ではWEBサイトを持っているというのは信頼してもらうことにも繋がるようです。
次にSEOとは?
SEOとはWEBサイトを検索エンジンの「google」や「yahoo!」で上位表示させるために行う対策のことです。
ひとつのキーワードで検索すると星の数ほどWEBサイトが表示されます。そのWEBサイトのなかで多くの人が選んでクリックしているのはトップページにあるWEBサイト。
しかもダントツでアクセスされているのは一番上に表示されているサイトなんです。
SEO対策を行うと検索エンジンが「このサイトはおすすめだ!」と認識してくれてトップページや上位に表示してくれることが多くなります。そのためWEBサイトにアクセスしてくれる人も増えていくということです。
では問題のリスティング広告とは一体なにか?
リスティング広告とは検索エンジンのgoogle1やyahoo!でユーザーが検索したキーワードに反応して、検索したキーワードに合わせて表示される広告です。
このリスティング広告は検索結果一位のWEBサイトのうえに表示されるので、検索をして興味を持ったユーザーの目に留まりやすいのもポイントです。
WEB制作・SEO・リスティング広告を調べるうちに最近ではアプリ制作にも人気が出ていることを知りました。
タブレットやスマートフォンなどでタッチすればすぐにお気に入りのWEBサイトへ飛べるアプリは確かに便利ですよね。
アプリ制作って高そうと勝手に思っていたのですが初期費用が50,000円でアプリ制作をしてくれるアプリルという会社を見つけました。
50,000円なら払える……わたしも作れちゃうのかと思いました(笑)
WEB制作・SEO・リスティングと合わせてアプリ制作にもぜひチャレンジしてみましょう。
まずはアプリルの資料を請求してみるのもいいですね!
安くアプリ制作

求人広告を出しても思うように応募が集まらないと悩む担当者は多いと思います。

このページではそういった担当者が参考にできる「求人広告の効果的な書き方」を紹介しています。

082561

●応募が集まる求人広告の書き方とは?

この会社に入ったら求職者にとってどんなメリットがあるのかを出さなければなりません。

責任ある仕事を任せてくれる/その仕事を長く続けていれば資格の習得が可能/給料がその業界の平均よりも高いなどそれぞれの項目によって書けることがたくさんあるはずです。

もちろん会社と社員の関係は両方にとって利益がある状態が望ましいので、求人側からの応募条件がいくつも設定されているのは当然です。

それでも「この会社で働くことは自分の人生にとってプラスになる」と応募者に思わせることは必要です。それを求人広告の条件面で提示できればお互いにとって利益になるはずです。

●冗長な文章は求職者に嫌われる

求人広告の文章は短くて明快になっている必要があります。

求人広告を書く時は優秀な人材に来て欲しいと思うあまりに文章が長くなってしまう、また条件をたくさん加え過ぎてしまうことがあります。

こうなるとどのような人に来て欲しいのかが求職者側に伝わりません。

一般に求職者はその求人広告に応募するかどうかを100秒以内に決めるといわれています。

その時間内に全ての文章と条件を読ませて更にその会社で働くことを想像させなければなりません。

それを考えれば募集のための文章は条件と論旨が明快な短い文章である必要があります。

原稿が出来上がってから時間を置いて文章を短くすることを心がけましょう。

●求人広告に応募が多く集まる期間とは?

求人広告に応募が集まるのは最初の2週間なのでその期間中に求職者を捉えなければなりません。

これは前項と重なりますが求職者にとって分かりやすいということが多数の応募につながります。

新しく出稿された求人広告はそのサイトにおいて最も見やすい場所に来るわけですから新着の段階が有利なわけです。

ここにランディングページをつけたり動画をつけたりいくつもの写真を掲載したりするわけですが、どの企業もまずは求職者の目を惹こうと作戦を立てているわけです。

2週間が経って必要な数の募集が集まらないのはその広告で伝えたいことが求職者に届いていないということになります。

その場合はその媒体と作戦を練り直すか、もしくは改めて求人広告代理店を利用して効果的な広告をともに作るかということになります。

●求人広告とサイトの関係性

現在求人広告はそのほとんどがウェブサイトから出稿されており、WEBと求人は切っても切れないものとなっています。

つまりよい人材を獲得したい場合、よいクライアントや制作会社と出会いたい場合はやはりサイトの利用が必須になります。

求人広告代理店はよいWEBの制作会社を紹介してくれるはずです。

それはECサイトでもネットショップでも制作・構築が可能な企業だといえます。

今後のWEB業界ではネットショップの構築とSEOが欠かせないからです。

こういったサイトの構築とSEOをしっかりと行える企業が勝ち残っていくといえます。

ECサイトの構築を考える

サイトからの集客を増やすのであればやはりSEOが欠かせないのはご存知の通りです。

ネットショップのSEOを行う