求人広告の年齢制限禁止

● 年齢制限は条件次第
求人広告に記載されている年齢制限は、法の改正により禁止となっていますが、条件次第で年齢制限をもうけることが可能なケースもあります。
それは、定年年齢を上限にする場合や『若年層のキャリア形成のため』という理由をつけた場合などです。
年齢制限を設ける場合は、理由を明記することが義務付けられているので、忘れずに記入するようにしてください。

● 違反すると
年齢制限禁止に違反すると行政から指導や勧告を受けることになります。
また、応募者から訴訟を起こされることも考えられます。

● 年齢制限のこれから
まだ訴訟などのトラブルに発展してはいませんが、企業側が年齢制限の変わりに文章で条件を提示しなければならないので、詳細内容が多くなります。
それに加え、求人に応募する数も増えるので、選考・面接にかかる内部コストが膨らむことも。
年齢制限禁止が一般化するまでには、いくらかのトラブルが発生すると予測されています。