広告掲載から就職までの期間

企業で求人の募集をかける場合に、期間はどれくらいを見積もったらいいでしょうか?

募集をかける手順としては、欲しい人材のおおまかな条件をまとめ、求人広告サイトに申し込みをして細部を詰めることから始まります。

ひとつの広告として仕上がってから掲載される。

掲載期間は2週間と4週間があるのが一般的ですが、その間は募集を待っている期間です。

もちろん、広告掲載中から選考を始めることも多いです。

その後、書類選考を終わらせ、面接になります。

面接の結果を出し、通知をして、決まった期日からの勤務、という過程です。

これだけの期間を考えると、最長で3ヶ月程度は見込んでおいたほうがいいでしょう。

しかも、お金をかけてこれだけ動いたのにもかかわらず、求めている人材を獲得できない場合もあります。

つまりは、求人広告の掲載にも傾向と対策がある、ということです。

そういったことを勘案しての募集で、3ヶ月かかる場合があるということです。

これまでの体験から考えることもいいですし、求人広告の代理店に頼むのもいいです。

なるべく費用対効果のいい対策を考えましょう。